パート看護師として復職

子育ては1人目はもちろん大変ですが、2人目、3人目となってくると手の抜きどころが分かってくる、というか、楽に育児が出来る気がします。

最初の子供って何もかもが手探り。

知識として知っている事と、実体験とはやっぱり違いますからね。
聞いていた事であってもその時は迷って悩んでしまったり、でも2人目の時はもう経験済みなので慌てること無く対処できたり。

上の子と遊んでいてくれる時間もあるので、最初の子の小さい時よりも今は時間がありますね。

ずっと愚図っていたので台所を片付ける時間もなかったです、上の子が小さい時って。

下の子が生まれてからは、2人で喧嘩しながらも遊んでくれますから、私にベッタリというのは少ないので、そこは助かりますね。

子供達が成長するにつれて、復職の事を考えるようになってきましたが、まだまだ家にいる時間は確保したいですから、常勤では無くてパートが良いのかなと考えたりすることが多いです。

両親も週に3日とかであれば見てあげるよ、でも午後3時くらいまでかな、と言ってくれているので(夕方までだと疲れるらしい)その時間帯で働けるようなパート勤務が出来る職場、と考えて探したりしています。

仕事内容も一応希望はありますが、まず優先は時間帯、日数ですね。

人工透析クリニック パート看護師求人

短時間でパートで働けて。あとは子供の熱で急に休みが必要になる事もありますから、そうした休みも取りやすい職場が良いなと思って探したりですね。

焦って仕事を決める必要は無いのですが、子供達の食費もかなり増えてきていますので、出来るだけ早く復職、と言うことは思っていますね。

パートの募集も結構見つかりやすいので、近々具体的に応募したりなどはしたいですね。

育児と両立、月2回程度 看護師夜勤バイト

育児中の働き方として、夜勤バイトを選択される方もいますね。

日勤で日数を多く働くよりは、少ない勤務日数でしっかり稼ぐ方が良い、連休も作りやすいしその方がメリットが大きいかな、と言うことで夜勤バイトで働くママさんナースは実際多いです。

月に2,3日の夜勤であれば大きな負担ではないかな、という感じはしますよね。
もちろん、夜勤は体力的に大変ですし、忙しい職場で働く事になればそれこそ夜勤明けはヘトヘトで長めに寝てしまうかもしれません・・・

とはいえ夜勤で働く2,3日以外、1ヶ月の残りの日数は家事・育児にしっかりと使うことが出来ますから、時間的なメリットはとても大きいですね。

1回の夜勤で3万円、4万円といった高額な給与が得られる看護師夜勤バイトも結構ありますよね。

1回4万円、月に2回の仕事でも十分生活費のサポートにはなると思います。

日勤で何回働くかを計算したら、やっぱり夜勤で少し働こうかな・・・と思ったりする事もあるのではないでしょうか。

小さい子供のいるママ看護師の働き方として、人気があるとは言いませんが、あえて夜勤で働く事を選ばれる方も実際いますよ。

その場合には、24時間対応院内託児所ありの病院を希望されるママさんが多いのでは、と思いますう。

子供が小さい場合、旦那さんでは寝かしつけられない事もありますよね。
かえって夫に預けたら不安・・・という場合もあったり。

このあたりの事情はそれぞれのご家庭によって様々ですね。

本当に子供がご主人に懐かないお友達もいて、とても困ってました。
全然預けられないの・・・と。

ご主人もちょっと悲しいですよね。

子供が全く懐いてくれないので、抱っこも出来ないそうですから。

育児と両立する仕事のペースは看護師さんそれぞれあると思いますけれど、月に2回程度の夜勤バイトならなんとかなりそう、という方は多いかもしれませんね。

看護師 夜勤バイト

夜勤で働く際には、仮眠がちゃんと取りやすいかどうか、といった事などは事前に確認しておきたいポイントですね。